満足できる結婚式場を決めるときの3つの基準

満足できる結婚式場を決めるときの3つの基準

式場

挙式スタイルを決める

挙式のスタイルには一般的に、神父さんか牧師さんが指揮を執り行うキリスト教式と、日本の伝統的な神前式、宗教にとらわれないタイプの人前式の3つがあります。キリスト教式では、ウェディングドレスを着てバージンロードを歩くのが基本で、多くの人が憧れているスタイルです。結婚式の挙式スタイルの中では最も人気があります。神殿にて行われる神前式は、着物を着て神社で挙式をあげます。教会式の次に人気です。3つ目の人前式は、家族や親戚、友達が証人になるという結婚式スタイルで、衣装や式場も自由に決めることができます。3つの挙式スタイルの中では、最も自由度が高いといえます。

会場のタイプを決める

会場タイプもいくつか種類があります。人気の会場タイプの1つが「ホテル」です。ホテルは、宿泊手配もできるだけでなく、多くの施設が1つになっているのでサービスが充実しています。同じく人気の会場タイプは、「専門式場」です。結婚式のために作られた施設で、スタッフも全員がウェディングのプロなので安心して依頼することができます。ホテルと専門式場の他に、レストランで結婚式を行なうこともできます。美味しい料理を堪能でき、アットホームな雰囲気の式を行なうことができます。この3つが代表的な会場タイプです。春日井にはどちらの会場タイプも存在します。

ゲストの人数

結婚式場では、ゲストの人数を決めることも重要です。会場の収容人数には限界があるため、ゲストの人数が余裕で入る会場を選ぶ必要があります。学生時代の友人や会社関係、親の友人、親戚などを含めておおまかな人数を予想しましょう。おおまかな人数を決めた後にその人数が入る会場を選びます。ちなみに、ゲストの構成は両家のバランスにも気をつけましょう。両家のゲスト人数に大きな差が無い方が理想的です。他にもゲストのための宿泊手配の有無やバリアフリーの点も考慮する必要があります。